クリトリスを改造された人妻(知り合い、隣の人妻と・・・告白掲示板 )

知り合い、隣の人妻と・・・告白掲示板 



元彼女が風俗嬢になりテクが凄い
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b05/index.cgi?mode=thr&no=23264#res

1. 元彼女が風俗嬢になり相当なテクで凄い  投稿者:元彼 投稿日:2017/08/22(Tue) 12:00 No.23264
  久しぶりに大学時代の友人である斉藤と飲みに行った。齋藤とは20数年ぶりでお互い50手前になったが、学生時代の話で盛り上がった。その中で私が当時付き合っていた元カノの話しになった。元カノは、千里と言い斉藤の当時の彼女でもある奥さんから、当時紹介された。
  私は千里と別れた後は全く連絡先すら判らなかったが、斉藤の奥さんとは今も連絡を取り合っているらしく、話の流れから今度4人で会う事になった。

  4人で会う当日、斉藤の段取で指定された店に行くと、既に3人が来ていた。千里とも20数年ぶりの再会で私は少し緊張していたが、千里の方は「久しぶり!」っとフランクな感じで接してくれたので、昔のように打ち解けるのにも時間はかからなかった。
  4人で盛り上がっていたが、斉藤の奥さんが気を使ったようで斉藤夫妻は先に帰り、私と千里と2人になった。2人になると、別れてから今までの話しになった。
  千里は私と別れて2年後に結婚したが、5年前に離婚したと言う。言い難そうだったが、結婚後旦那が事業に失敗し莫大な借金を背負い、その返済のため色々な風俗で10年以上働かされたらしい。

  しかしそんな中、旦那の浮気が発覚し自分が風俗までして、一生懸命返済していた事に嫌気を感じ、子供も居なかったので離婚したと言う。私にとっては、かなりヘビーな人生を送って来たのだと同情した。
  そんな話しの後、千里は私にもたれ甘えるように、「今晩抱いて欲しい」と言って来た。以前好きで抱いた女から抱いて欲しいと言われ断れなく、そのままホテルに行った。

  ホテルでは、以前のように普通に千里を抱いた。だが、所々の内容の深さが全然違っていた。私が愛撫からクンニをし、千里がフェラをしてくれた。以前も上手だった千里のフェラだったが、これが本当に口でしているのかと言うぐらい柔らかかったり、刺激があったりで、直ぐにイッてしまった。
  でも、千里のフェラでまた直ぐに復帰させられると、今度は私の上に乗り騎乗位が始まった。私の上で大きく腰を振る千里の姿は、以前では考えられなかった。柔らかくそして激しく刺激されるペニスが、どうなっているのかと思って見てみると、それは挿入ではなく素股だった。
  私が驚た顔を見てから、千里は腰を上げゆっくりと今度はちゃんと?挿入した。騎乗位・バック・正常位・・・など、全て千里が腰を振りリードしてくれる中で今まで味わったことない快感を感じた。風俗嬢歴10年以上のベテランの技を堪能させてもらった。

  それから、1~2ヵ月に1度の間隔で千里と会っている。千里は、独身で「今後二度と結婚はしない」と言っている。勿論、私の家庭を壊す事など考えていないようだが、私の体だけは欲しいと言う。
  私としても千里のテクを味わった今では、当分千里から離れられないと思っている。



最低のセックス、60歳のおばさん 30歳
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b05/index.cgi?mode=thr&no=19990

1. 逃げ切りたい  投稿者:洋志 投稿日:2015/10/05(Mon) 14:32 No.19990
  たぶん60歳くらいだと思う。おばさん丸出しで超ショートヘアに眼鏡を掛けて、化粧も薄くブサイク。太ってはいないが痩せてもいない。何の取得も無い女だった。酔った勢いだったとしか思えないが、ラブホに連れ込み抱いてしまった。
  終わってから「旦那とは何年もしてないから、頑張っちゃったわよ。あはは…」と言われた時は心底後悔しました。それから数日後に今度はそのおばさんの方から誘って来た。とりあえず断ったが「じゃあいつが都合良い? 都合に合わせるよ。」と言われ仕方なく約束をしてしまった。
  約束の日、会ったらラフホに直行された。部屋に入るとキスを求められ股間を弄られた。ラブホまで来て何もしない訳には行かない。まずはフェラをさせてみたが下手だった。クンニしようと思ったら、陰毛の手入れもしてなくアナル周りまでフサフサと生えていた。舐める気にもなれず、指だけで済ませることにした。

  クリを弄り手マンしただけで、体をピクピクさせて逝っていた。俺の方はどんどん興醒め。とりあえず挿入したが気分が乗らず逝けない。おばさんはアゥアゥ言いながらまた逝っていた。普段なら15~20分で逝く俺だが、この日は1時間以上逝けなかった。
  最後は面倒になり高速ピストンでやっと逝けた。こんなのはオナニーしてるようなもん。いや、オナニー以下だ。そんなことがあって俺は今そのおばさんから逃げている。仕事絡みの人なので、いずれまた顔を合わせることになるだろう。携帯の番号とメアドを教えてないことだけが、せめてもの救いだ。


   目の前に毛だらけの黒いマンコが迫って来る
4  洋志 - 2015/10/18(Sun) 21:11 No.20112
  昨日またお相手させられた。仕事が絡むから、どうしても断ってばかりいられないのが困る。今回マジマジとマンコ見たんだけど、黒いんだよ。黒いって言ってもドドメ色とかじゃなく、本当の黒なんだよ。墨でも付いてるのか?と思うくらいの黒。
  仰向けに寝転ぶ俺の上に乗ってシックスナインするわけよ。目の前に毛だらけの黒いマンコが迫って来るんだ。そして顔の上で腰を振ってマンコを擦り付けて来るんだ。
  悲しいことにそれでも弄られてると、チンコは勃起しちまうんだ。もう火事場の便所だよ。


   加齢臭キツいし、口臭もキツい…胸も尻も垂れてる
5  カオル - 2015/10/19(Mon) 01:16 No.20113
洋志さん
  俺も周り熟女ばかり…40代になったとたん周りは熟女…やはり男は熟女に憧れがあるとは思うけど、現実の熟女はまったく違いますよねwww
  加齢臭キツいし、口臭もキツい…胸も尻も垂れてるし…唯一良い所は何でもする事。SMだろうが露出だろうが乱交だろうとする。旦那や男に相手にされないから、男を捕まえたら必死なんだよね。
  俺の熟女達は64 60 58 58 55…5人…嫌になるね(TT) まー頑張って洋志さんwww



   やっと今月一杯で退社してくれます
9  洋志 - 2017/08/30(Wed) 14:37 No.23321
  かれこれ2年間このおばさんのお相手をさせられましたが、やっと今月一杯で退社してくれます。最初にこの投稿をして以来何度お相手させられたことか…2年の間に50回はやらされてると思う。よく頑張った!と自分を褒めたいです。
  当時ショートだったおばさんの髪は後ろで括れるほど伸び、陰毛も手入れするようになり、少しは女っぽい色気も出た。しかしもう御免だ…


   貴殿は何歳ですか?
10  - 2017/08/30(Wed) 18:46 No.23322



   今年31歳になります
11  洋志 - 2017/08/30(Wed) 19:06 No.23325
  相手のおばさんは61歳。還暦を過ぎたおばさんなのに性欲は強く、同じ職場で求め方も露骨なんです。なんだかんだと言いながら今まで相手をして来た私も私なんですが、これでやっと縁を切ることが出来そうです。
  人妻は美味しいとは思いますが、60歳のおばさんはもう凝りました。



クリトリスを改造された人妻
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b05/index.cgi?mode=thr&no=23326#res

1. 旗当番の奥さん  投稿者:孝弘 投稿日:2017/08/30(Wed) 20:30 No.23326
  私が40歳、子供が小学生だった頃のお話です。毎朝父兄が交代で横断歩道の両側に立って黄色い旗を持ち、登校する児童の安全を確保する、旗当番という制度が私の住む地域にはあります。旗当番の朝、妻が熱を出してしまい、代わりに私が旗当番に出ました。
  ペアを組んだのが1年生のお母さんで、まだ32歳、小柄で可愛らしい女性で、裕美さんと言いました。私達が担当した横断歩道は、通過する児童も交通量も少ない場所だったので、手持無沙汰にいろんなお話をして親しくなりました。

  ある日、ショッピングモールの屋上駐車場で、怪しげな男が運転する、黒塗りの車の後部座席から降りた裕美さんと鉢合わせしました。私に見られたことで相当動揺していて、「このことは誰にも言わないで下さい」と言われました。どうも、車の後部座席にはもう1人乗っていたような気配を感じました。
  後日、コンビニで顔を合わせた際、「あの時、どちらに行かれてたんですか?」と尋ねると、かなり動揺して、「隣にもう1人乗ってましたよね?」とカマをかけたら、観念したように、「口止め料は、私の体でよろしいですか?」と、とんでもない事を言ってきましたが、これが、裕美さんとの不倫の始まりでした。
  裕美さんの裸は小柄な上に華奢で、まるで中学生のようでした。胸も小さいですが、乳首はかなり敏感でした。アソコは左右非対称に伸びたラビアの先端が黒く、ヴァギナに向かってドドメ色にグラデーションになっていました。36歳の妻のラビアより酷使された感じでした。

  しかも、クリトリスが赤茶に変色して、右側に曲がりながら中身が出ていました。「私のアソコ、凄いでしょう? 少しずつ調教されたから、主人は自分との性生活で変化したと思ってるけれど、じつは、あの車の後ろに乗っている方に、主人と結婚する前から調教されているんですよ・・・」
  「それは誰なんですか?」「それは言えません。いえ、知らない方があなたのためでもあるんです。」 私は、危ない所に足を踏み込んでしまったと感じました。でも、それは裏を返せば、裕美さんの秘密は絶対に言えない状況に置かれたことを意味しました。
  コンドームをして裕美さんに挿入しました。浅く、狭いヴァギナはキュウキュウ締め付け、先端が奥に届いていました。「あああん、あああん、あ、あ、あん、あん、んんんんーーーー」 喘ぎ声がアニメっぽくてとても可愛いですが、腰の動きはとても卑猥で、途中、上体を起こして腰を浮かせ、対面座位で私よりも激しく腰を前後に動かされて、思わず腰の動きを止めたら、そのまま押し倒されて騎乗位になりました。

  騎乗位では狂ったように暴れて、結んでいた髪は解け、強烈な締め付けと腰使いで、3分ほどで抜かれてしまいました。「いつも、ご主人とはこんなに激しく?」「まさか・・・主人とは普通です。いえ、どちらかというともっと大人しく抱かれます。あの車の方に最初に抱かれたのは、19歳、大学1年生でした。主人と結婚して、主人の転勤で暫くこの町を離れていたんですが、4年前に戻って・・・再び調教されるようになったんです。しかも今度は、性器を改造されて、アソコが変形してきたんです。」
  ここまで話されると、絶対に秘密にしておかなければならない危機感さえ感じ、バラさない抑止効果として働きました。

  裕美さんとの不倫は、月に2回程度でしたが、2年続きました。その間も定期的に調教が行われていたようで、特にクリトリスは相当な苛めに遭っているようで、最初に見た時より変形が進んだような気がしました。
  「ご主人、裕美さんのクリトリスを見て怪しまないんですか?」「毎回、気持ちいから吸ってと頼んでいるので、主人は、自分が吸ったせいだと思っているようです。じつは、機械で吸い出されたり、ゴムや糸で縛られたり、気絶するほどの過激な責めでこうなったんですよ。」 クリトリスは、足を閉じてもクレバスからはみ出ていました。
  「あの、今日は生で入れて、私に精液を掛けてくれませんか?」「いいんですか?」 裕美さんに生挿入しました。パンパンパンパン・・・・「あんあんあんあん・・・・」 ドピュー・・・ 裕美さんは、かけられた精液を体中に塗りました。

  「精液って、私、大好きなんです・・・あの、私達、今日で最後になると思います。」「転勤ですか?」「そうです。これで、あの車の方とも暫しお別れです。」「もう、調教は止めた方が良いですよ。いつか、バレますよ・・・」「そうかもしれませんね・・・」
  隣町のホテルを出て、裕美さんを隣町の駅に降ろしました。「では、これでさようならです。2年間、楽しかったです。」「私も、可愛い裕美さんがあんなに淫乱だとは思いませんでしたよ。とても楽しかったです。裕美さん。さようなら。」 裕美さんは、そそくさと駅に入っていきました。

  あれから3年後、私は2年間の単身赴任を余儀なくされました。高速道路を使えば車で1時間と、それほど遠くないので、毎週金曜の夜に家に帰り、妻を抱き、月曜の早朝家を出れば間に合う生活でした。
  それでも時には溜まったものを出したくなり、古本屋でDVD付きのエロ本を買い込んで着たりしていました。
そこに、『大学教授の調教記録』という古本があり、素人ものもいいかなと買ってみました。総勢5名の女性が調教されるDVDが付属されていて、その調教動画に対応した手記が掲載されておりました。
  女子大生だったり、大学の職員だったり、人妻だったり・・・全員、目にはボカシが施されていました。その中に『女子大生性奴が人妻になって再び調教されて、肉体改造される悲哀』というタイトルが気になって見てみました。そこには、小柄で華奢な可愛い女子大生がセーラー服を着て縄で縛られて、辱めを受けていました。

  ツインテールのセーラー服が良く似合う可愛い女子大生が、浣腸された牛乳を風呂場で噴出す動画は、画質はあまり良くなかったですが圧巻でした。そして、人妻になったその女子大生は・・・間違いなく裕美さんでした。拘束椅子で股を広げて、注射器のようなものでクリトリスを吸われていました。
  ボカシが入っているのではっきりは見えませんでしたが、吸い出されたクリトリスは黒いゴムリングで締められたり、糸で縛られて引っ張られたりしていました。その時のえげつないほど下劣な喘ぎ声は、聞き覚えのある裕美さんのものでした。
  あの、黒塗りの車に乗っていたのは大学教授だったのでしょうか。それとも、その男が大学教授を騙って出版したのでしょうか。

  今年の3月に単身赴任が終わり、こちらに戻ってきましたが、裕美さんには会っていません。今、39歳になった裕美さんは、何も知らないご主人と、どこかで幸せに暮らしているのでしょうか・・・



画像

画像

この記事へのコメント