不妊症の夫だったので義父と子作り 2/2(近親相姦告白掲示板(女性))

近親相姦告白掲示板(女性)



不妊症の夫だったので義父と子作り 2/2


   上は厚手のパジャマに、下は穴あきパンツ
26  靖代 - 2015/05/24(Sun) 12:29 No.22091
  主人が2階の寝室へ行き、義父が客間に入って来ました。「お義父さんご免なさい。忠生さんたら、、」「いいんだよ、あいつの気持ちも分かる。愛している嫁が、他の男に孕ませられるんだからな。」「孕まされるなんて、、」「すまん、いい過ぎた。」 義父はそう言いながらズボンとパンツを脱いでいた。
  やはり主人の言い付け通り、下半身だけ裸になって。「靖代さん、失礼するよ。」 義父が掛け布団を捲ると失望した顔に変わりました。
「お義父さん、ご免なさい、あの人の言いつけで。」 私の上は厚手のパジャマにフルカップのブラジャーをちゃんと着けていた。しかも下は腰まで丈のある穴あきパンツ。
  「いいんだよ、あいつの言いつけなんだから仕方ないよ。」 それでも私の横に寝ると優しく抱いてくれました。「肌と肌を合わせてないんだから、これくらいはいいだろ。」 私はその間義父のペニスを握っていました。まだ挿入には不十分な硬さ。少しだけ摩ってあげてもそれ以上硬くなりません。

  しばらくすると義父が「この前は十分役に立つと思ったのだがな。」 ここで義父に恥をかかすことも出来ないので。「お義父さん」と言い、体を起こすと「しっ」と、口の前に指を縦にして、ペニスを咥えてあげました。「靖代さん、そんなことしたら、、」 私は義父の言葉に構わず、義父のペニスを口の中で扱いてあげました。すると、ペニスがだんだん硬くなってくるのです。
  「お義父さん、、」「靖代さん、、」「私の中には、スムーズに入るようにクリームが付けてあります。」 私はそう言って義父の横で仰向けに寝て、足を大きく広げました。すると義父が硬くなったペニスを持ち、私の穿いている穴あきパンツの穴にペニスを宛がうと、覆い被さってきたのです。
  「ああ、、お義父さん、、」「靖代さん、、」 主人の父と初めて繋がった瞬間でした。まるでそれは私が処女を奪われた時のようで、私は義父の体にしがみ付いてしまいました。しばらくすると義父が腰を動かし始めました。「ああ、、お義父さん、、」

  しばらく義父の腰の動きは続きましたが、私が感じ始めると義父は私の中でイッてしまったのです。ペニスが痙攣を起こし、私の中に熱いものが入って行くのが分かりました。義父が私の中に挿入してわずか5分くらいだったと思います。「靖代さん、すまないね。一度もイカしてあげなくて。」「いいんですよ。私はお父さんの子供を授かるだけで。」
  しばらくすると義父が私から離れようとするのを制しました。「忠生さんがお義父さんの子種が外へ出ないように、しばらくじっとしているように言っていたでしょ。」 私はそう言って義父の腰に足を絡ませていました。ペニスがだんだん萎えてくるのが分かりました。
  私は何とか股間を締め付けていたのですが、そのうちポロリと抜けてしまったのです。もし主人がいなかったら、ペニスを咥え硬くして、もう一度繋がっていたかもしれません。

  義父はパンツとズボンを穿くと、部屋から出て行ってしまいました。そして主人の声をかけると家へ帰っていってしまったのです。慌てて主人が2階から降りてきました。「靖代、どうだった。出来たか。」
  「そんなこと、、」「そうだな。」 主人は掛け布団を捲ると私の足を大きく広げまじまじと見ているんです。「忠生さん、恥ずかしいわ。」 私の中から義父の精液が逆流して、穴あきパンツを汚していることは想像できます。しかし、主人は何を思ったのか、下半身裸になると私の体に覆い被さってきて、ペニスを私に中に入れてしまったのです。「ここで俺が精液を中に流し込んだら、俺の子供か親父の子供か分からないだろ。」 そう言うのです。
  私はそれを受け入れ、今度は主人にしがみ付いてしまいました。


   「兄貴に聞いているね?」
43  大橋君子 - 2015/06/03(Wed) 06:57 No.22189
  私も同じような経験があります。旧家に嫁いで7年目の事です。義母から「君ちゃん未だなの?」と問われ、「病院へ通っています」と答えました。主人に話しますと、主人の弟の「祐次さんに2人の女の子がいて、母は焦っているのだろう」との返答でした。その時、子供が出来ないなら、離婚話があったとは知りませんでした。
  翌年のお正月、主人は村の代表でお伊勢参りに行きまして留守。弟の祐次さんが挨拶に来られ、家族一緒にお酒を飲みました。義母から、「今日は祐次がお泊りよ、君ちゃんいいね」と問われ、義弟さんが実家に宿泊されるのに「はい」と返事しました。祐次さんはお風呂から上がられ、お床を準備した離へ寝に行かれました。
  いつもお風呂に入る順は祖父母の後なのに、義母から「君ちゃん」と催促され、今日はなぜなのとその時も気づきませんでした。お風呂から上がって来ると祐次さんが待って居られたのです。「お姉さん奇麗だよ」「兄貴に聞いているね?」と手を差し出され、事の重大さを初めて知りました。

  その夜、祐次さんは遊び人だっただけに、セックスは凄い体力と持続力。そして凄いテクニシャンで、射精コントロールが出来るのでしょうか、連続で1時間以上もピストンできるくらいに凄いのです。強烈で気持ちが良かったです。
  「兄貴と俺ではどっちが良い? どっちのチンポが良い?  さあ、答えろ!!」って台詞が何回も問われました。 その度に、「こっちの方がいい。祐次さんの方がずっと良い!!」 って答えていました。
  主人は長くても 7~8分で、大抵5分程度しか持ちませんでした。 それが軽く1時間以上も突きっぱなし。「姉さん嫌なのか?」「あんあん・・・」「どうなんだよ? 答えろよ! 止めてもいいんだぞ!!」 「・・・そんな・・・止めないでー!!いい、いいーのー。凄くいいーの!!」「よーし、そろそろ俺も逝ってやるか。たっぷりと中に出してやる!!」
  朝方、義母が起こしに来る10時過ぎまで、祐次さんに抱かれていました。義母が居るのに「いいオメコだったよ」と褒められ、キスされたのです。



   で、子供は出来たのですか?
44  - 2015/06/03(Wed) 07:12 No.22190
大橋君子さん

  

   妊娠しました
46  大橋君子 - 2015/06/04(Thu) 06:15 No.22202
  喜さんの問いにお答えします。祐次さんとの交わり、あれほど感じたのは初めてでした。その後、祐次さんからのお誘いが度々ありまして、家族には内緒にパートをお休みし、夕方までホテルで過ごした事があります。
  妊娠を期待されていた祖父母、主人のご期待に応じられました。妊娠後、パート勤めも辞めました。



   種なしの俺は、種提供者の弟に嫁を取られた
56  近藤 - 2015/07/03(Fri) 08:22 No.22492
  俺が原因で子供が出来なかった。そうとは知らず母は嫁の京子に「未だなの、30歳までに、高齢出産は」と嫌みを言い、京子は辛い思いをした。俺が母に、「医者では京子に問題が無い」事を告げた。  
  高木家の後継ぎをと、家族で相談した結果、末っ子の弟が精子を提供してくれた。二度、三度、でもダメだった。意を決し、弟と京子と妊娠可能日に旅行をさせ、半年後、京子は妊娠した。心配していた京子と弟の仲が親密になり、出産後もデートを重ねていた。
  注意すると「勝手に功二さんとセックスしろと言い、今度はやめろとは、私は何なの」とブチ切れ、功二のもとへと家を出た。そんな俺は母に八つ当たりし、いつの間にか母で欲望を満たすようになった。親父が亡くなった今では、64歳の母の大きな垂れ乳を抱いて寝ている。



   義務的な夫より男らしい義父と子作り中
61  千里 - 2015/07/10(Fri) 23:55 No.22591
  タイトルに惹かれて、というか私も「義父と子作り」なので、ちょっとだけ書きます。私は32歳で義父は56歳、一応、夫は31歳です。義母は10年前に亡くなり、一軒家に3人で住んでいます。夫はセックスが好きではないのですが、義務的に、子作りのために週1回私を抱きます。
  夫はクールでスマートな金融マンですが、義父はゴルフ焼けしていかにも精力的な営業部長です。この4月から義父と2人の時間が増えました。夫の職場が若干遠くなり、出張もするようになったからです。以前から義父と2人になると緊張していました。見るからに「男性」を感じさせるフェロモンが出ていて、私を見る目に熱を感じたからです。
  4月以降、2人の夜は極度に緊張しましたが、明るい性格の義父にすぐに打ち解けて、休日前などには遅くまで晩酌するようになりました。そのたびに、「口説き」をするような、遠慮がちの際どい会話にもなりましたが、5月のその夜は、違いました。

  5月にしては暑い夜でした。汗掻いたので、私も義父もお風呂に入ってから、ビールで晩酌を始めました。私が先で、義父を待つ間からひとりで飲んでいました。2人とも風呂上りというのが、いつもよりセクシーな雰囲気で親しくなるような空気がありました。流れは忘れましたが最終的に、「千里さん、色っぽいね。夜這いしちゃおうかな。」「お父さんなら、歓迎しちゃうわ」という軽口で終わりました。
  お開きになる時、少し気まずい空気で、フェードアウトしました。お義父さんの寝巻(浴衣みたいな)の股間で、それが勃起しているのを私が見てしまい、義父をその視線に気づいてしまったからです。ちろん、下着は穿いていましたけど。寝室に引き上げた後、私はドキドキしていました。お義父さんの膨らんだ股間と、「夜這い」の言葉を思い出して。
  部屋の明かりを消してから、まもなくでした。義父が本当に来たのです。私は眠ったふりをしていました。義父に背を向けて、横向きに寝ている私の肩を撫でるようにしながら、義父が囁きました。それは、週1回の夫婦のことがいかに義務的なもので、私が満足どころか、ほとんど感じていないこと、でした。

  義父は私にずっと女としての興味を持っていて、夫婦のことに耳をそばだてて、時には部屋の外で様子を窺っていたようです。そして、その翌朝は(鈍い夫は気付きませんが)私が死んだような目をしていたことも、「気づいてたよ」だそうです。話しながら、義父は私の背中に寄り添うように、布団に横たわり、私の肩を優しく抱きました。
  「拒むなら、今だぞ。でも俺は千里さんが好きで・・・欲しい。」 私は理性と戦っていました。拒めば、力づくではしないでしょう。でも、「いままで辛かったろう。俺は千里さんを満足させられる。自信がある。」 力強く囁き、あれを押し付けてくる義父に、屈しました。
震えながら、「お父さん、抱いて下さい」と言いました。
  義父のSEXはとても巧みでした。序盤はどこまでも優しく、私の体を徐々に、でも確実に燃え上がらせ、それが入って来た時には、私は淫らな娼婦のように悶えました。終盤は、お○んこ、とか、ち○ぽ、とか卑語まで言わされました。終わった後、そそくさとパジャマを着て、自分の布団に戻ってしまう夫と違い、義父は裸のままで、私を抱いていてくれました。

  それから夫がいない夜は、義父と一緒に寝るようになりました。わたしももうそろそろ子供が欲しい年齢ですので、義父にそれを話してみました。すると義父は真面目な誠実な顔つきで、「血液型が同じだしバレることはないが・・・いいのか?」と言いました。私は頷きました。
  義父はそれ以来、私の中で精を放ってくれます。夫の時はそれを感じないのですが、義父のは私に子宝を授かってくれる、そんな確信があります。長文失礼しました。実は今日は夫も義父もいないので、ひとり夜更かしです。



   義父とセックス旅行に熱海へ1泊2日の旅行
62  洋子 - 2016/01/25(Mon) 15:32 No.24926
  私が農家に嫁いだ半世紀ほど前の事です。3年経っても子供が出来ないのを、親族の皆さんはまだか未だかと言われるのです。主人に精子が少ない事を義母に告げると親族との種付けを姑が中心になって話しが進んでいくのです。そして義父とセックス旅行に熱海へ1泊2日の旅行に行きました。
  主人と義母もご一緒でした。義父と私、主人と義母とが別々の部屋でした。嫌でしたが義父に抱かれました。後で知ったのですが、主人は義母と交わっていたのです。

  義父との関係は家に帰ってからも続きました。と言うより、それから5年間は義父と寝床を一緒にしていました。何度も何度も愛してくれる義父、結局3人の子供に恵まれました。今では孫8人、曾孫が4人います。



   夫や義両親も種弟の女になることを認めました
65  よしえ - 2016/02/13(Sat) 19:58 No.25100
  あらー、偶然見たんだけど、やっぱり同じような人がいたんだ、日本は広いな~ 私の場合もやっぱり同じで、夫の精子に活性が無い上、数も少なかったのね。その一方で、私と夫の家はその地方では古い名家で、跡継ぎの存在は必須条件。
  特に私は一人娘で、私は夫の家と自分の実家のために、2人は産まなきゃいけない。夫の方は、下に高校生の弟がいて、万一の場合は弟が跡継ぎを作れるから良い。実家の父は、「そんな種なし夫なら、次を探すからサッサと別れて帰って来い」と言う。
  婚家の家族で相談した結果、父か弟の精子で子供を作ることになったけど、でも、こういったケースでは、倫理上の問題でお医者さんは絶対にやってくれない。それで、選んだのは子供が健全なように、若い精子を持つ夫の弟(高校生)でした。

  むろん、医者には頼れませんから、種付けの方法は普通にセックスすることでした。もし、この話が漏れれば一家の恥ですから、家族だけの秘密ということになります。
  まず、2ヶ月間基礎体温を測り、排卵日と生理を計算し、サイクルを掴みました。そして3ヶ月目の排卵予定日3日前から、高校生の義弟と交わったのです。毎晩私と夫のセックスを見せ、私のフェラで勃たせて1回だけの中出しセックス。
  それを5日間続けましたが、さすがは高校生。毎晩大量の精液を子宮に注がれました。初めは何ヶ月もかかることを覚悟しましたが、2回目でアッサリ孕みました。そして、翌年長男を無事出産、2年後も大学生になった義弟のタネで長女を出産。また、数年後にも同じようにして次男を産んで、実家の跡継ぎも作れました。

  こう淡々と書くと、義弟はタネ付け雄としか見えませんが、実は違うんです。子供を産むことに関しては、婚家の計画通りでしたが、私と義弟の関係は違います。セックスをして子供を儲けた仲ですから、当然お互いに相手を慕う事になります。
  義弟が大学生になって、都内の大学へ通うためアパートを借りたんですが、私は妊娠とは関係なくアパートに義弟を訪ね、何度も体を重ねる関係になりました。夫や義両親も仕方ないことと認め、夫と義弟の両方の女になることを認めました。
  義弟が結婚するまでこの関係は続き、義弟が大学を出て実家に戻った時は、夫と義弟と私で3Pセックスをしていました、一番下の次男はこの時にできた子です。



2-63
63.jpg

2-65
65.jpg