珍しくもない東北地方の近親相姦(近親相姦告白掲示板(男性))

近親相姦告白掲示板(男性)
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_1/index.cgi
過去ログ[12]




電気按摩したら妹はもらしながらイキまくり

[6200] 妹と危ない関係 投稿者:イワン 投稿日:2009/02/08(Sun) 15:12
  中2の妹と危ない関係の高3です。きっかけは、もともと仲が良かった兄妹だった僕達は、妹が中1で僕が高2の時、ふざけ合い→プロレスになり、僕が妹に電気アンマを仕掛けたら「あああああ! ちょっと・・待って、待って・・だめだめだめ、あああ~」って、体がガクガクしながらオシッコを漏らしたのがきっかけでした。
  すごく気持ち良かったみたいです。その後も僕達兄妹のあいだで電気アンマは定番化し、妹は必ず事前にトイレでオシッコを済ませて、パンツやスカートを汚さないようにして、気持ち良くガクガクし、女がイクっていうのも覚えました。
  お返しに妹からも電気アンマをしてもらいましたが、痛いだけであまり気持ち良くないので、手で直接ゴシゴシして抜いてもらっています。エッチはしていません。さすがに兄妹でエッチはまずいので。今度は妹を連れ出して、リモコンバイブとかでエッチなイタズラしてみたいです。
  昨日も昼間、両親が留守だったので妹に電気アンマしてやりました。事前にオシッコさせたのですがすごいおもらしでした。最近、妹のアソコは敏感になってきているみたいで、1分も持ちませんでした。
僕も興奮していたので、1回もらしても、容赦なく連続電気アンマしてやりました。
  妹も痙攣しまくり、何回ももらしながらイキまくって、気絶したみたいになって焦りました。でも正気に戻って落ち着いてから僕も妹の手で抜いてもらいました。






「こんなの(裏本)見てチンポ起つの?」

[6347] 妹の奇麗なビラ 投稿者:ポチ 投稿日:2009/03/03(Tue) 14:45
  妹が18歳、私が20歳の大学生の頃のことです。両親が出かけた日曜日の夜、6時に私は入浴を済ませ、自分の部屋にいました。妹は「サザエさん」が終わってから入浴し、出てきてから、居間のエアコンがタイマーで切れていたので、いきなり私の部屋へ来て、私のベッドに立ち、エアコンの噴出し口に頭を近づけるようにしています。
  「お兄ちゃん、何してた? オナニー?  だって、勃起してんじゃん!」 妹は、机の前に座っている私のところへ来て、私のパジャマのズボンのゴムのところを引っ張ったのです。「何をオカズにしてたの?」
  次に妹は私の机の引き出しを勝手に開け、かくしていた「裏本」を取り上げました。ぱらぱらとめくり言ったのは「この人ビラビラ真っ黒じゃん、こんなの見てチンポ起つの?」「みんなこんなもんじゃないの?」「??あほか?、見てみなよ!」
  妹は私のベッドでさっとパジャマを下ろし、片ひざを立てて自分のマンコを指で開き、私に見せました。「みんながこんなに真っ黒だとホントに思ってたの? あたしはピンク色でしょ!」「ほんとだ! 綺麗じゃん!」「ねっ!」
  私は両手の人指し指で、マンコをちょっと広げて見ました。濡れていました。「入れて良い?」「良いけど、中で出してしまうに決まってるから、コンドームしてね」 私はコンドームをつけ仰向けになると、妹は自分でまたがって来ました。意外と射精は我慢でき、妹が私にまたがってセックスしていることにものすごく興奮しました。夢のようで、本当に「死んでもいい」と思うほど気持良いのです。
  1回射精し、よく拭いた後フェラチオもしてもらい、お決まりのようにその後「くせ」になってしまったのです。






叔母さんは酔っ払って全裸になりました

[6357] 田舎者 投稿者:広勝 投稿日:2009/03/04(Wed) 15:53
  昨春、東京の大学に入学した時から、叔母さんの家で二階を間借りしています。今年の1月に叔父さんの浮気が原因で、叔母さんと大喧嘩になりました。その挙句、叔母さんは「出て行く」と言って家を出ました。  
  叔父さんに「探してこい」と言われ、叔母さんがいつも散歩している公園に捜しに行きました。叔母さんはベンチにぼんやり座っていましたが、「帰らない」と言い張り、その夜はホテルで泊まりました。
  叔母さんは気が苛立っており、ホテルで2人でビールを飲みました。気ずくと叔母さんは酔っ払ってしまい、「熱い、あつい」と言って着ているものをその場に脱ぎ捨て、全裸になりました。その裸に欲情した私は、裸になりました。酔っ払っている叔母さんの「おいで」の手招きを受け、覆いかぶさりセックスしました。叔母さんは「あのクソ爺は」と罵り、その夜は満足するまで叔母が求め続けました。



[Res: 6357] 投稿者:後期高齢者 投稿日:2009/03/04(Wed) 18:20
  俺の彼女も酔っぱらうと裸になる癖があります。それが縁でセックスをし、結婚しました。65歳になった婆さんの裸を見るのは辛いです。


[Res: 6357] 投稿者:土筆 投稿日:2009/03/04(Wed) 20:44
  酔うと裸になる女が何処にでもいます。私がよく行くスナックのママがそうです。酔うと見境なく、裸になりストリップを始めます。それを楽しみに通っています。






「お父さん、気持ちよかった・・・」

[6407] 間違って、おまんこしちゃったぞ 投稿者:泰三 投稿日:2009/03/12(Thu) 06:00
  久しぶりの家族団らんで、みんな飲み過ぎていつの間にかコタツで寝てしまって、ふと目が覚めてちんぽが勃起状態。部屋の中は真っ暗で、急におまんこがしたくなって、隣にうまいことに女房が寝ているではないか。そっと手を伸ばして、パンツの中に手を入れておまんこを擦ってあげると、少しずつ濡れてきたようで、腰をよじるように動かし始めた。
  女房気がついたな・・・ おまんこの中に、指を1本、そして2本と入れてかき混ぜると、ため息が漏れて「ああー ああー」とよがり、その声で、ちんぽもギンギン状態。おまんこに入れないと、治まりがつかない状態に。
  パンツを脱がして下半身裸のおまんこに、でっかくなった分身を挿入すると何ともいえない。いつもと違う締まりで、おまんこの中が、のたうちまわるようにちんぽを締め付けてくるではないか。「おおー、おおー」女房も俺のちんぽをおまんこの奥深くに迎え入れようと、腰を俺の方に強く押し付ける、腰を自らふるって。
  今日のおまんこ最高に気持ちがいいな~ あ、ああ、出る。出る
思わず、おまんこの中に・・・ 中出しは気持ちがいい・・・ しばらく、ちんぽとまんこつながったままでいると、「お父さん、気持ちよかった・・・」 な、なんと・・・娘とおまんこしちゃったよ。






珍しくもない東北地方の近親相姦

[6489] ○○家の秘密 投稿者:近親相姦 投稿日:2009/03/21(Sat) 19:08
  私は東北地方の人里離れた部落に暮らす、30代後半の男です。農協で働く妻恵美子と10年程前見合結婚し、婿養子に入りました。隣に家を建ててもらい、金銭的には何不自由なく暮らしていますが、この地方地域部落の風土仕来たり、特に○○家の奇行には驚かされるばかりです。
  近親相姦など珍しくもありません。性欲の強い男は暇さえあれば女を見つけ、己の欲望をみたしています。義理の父は60になりましたが、未だに性欲絶倫で、義理の母幸代50代を毎日容赦なく犯しています。男尊女卑。ここは未だ戦前の日本の名残、この部落は今でも女は男の奴隷です。




妻も近寄らない開かずの間に全裸で緊縛された義母

  私はこの家に入り1週間でこの異常に出くわしました。義母は気立ての優しい働き者です。小柄ですが胸は大きくふくよかで、色気漂う熟女です。そんな義母は私にメイドのように振る舞い、初めはこんな山奥に婿に来てくことに恐縮しての態度だと思っていましたが、この家では女は男に尽くすことが何よりの喜びと教育され、家の仕来たりだったのです。
  私はこの家に来た時から義母を異性として気にしていました。妻もあり新婚です。義理の父もいます。初めは良い夫を決めていたのですが、この家に入り1週間も経たぬ間に理性は吹っ飛び、義母を犯してしまったのです。当時私たち夫婦は広い2階を、義理の姉がいるのですが、引き籠りの彼女が南側の1部屋を、大広間に台所客間、日の当りの悪い北側奥2部屋を義母夫婦が寝室に使っていました。
  家は古いのですが田舎ですから部屋は広く、義母夫婦の寝室も2部屋を引き戸で仕切り、手前の和室だけでも20畳はあったと思います。この家に来て間もない私は分からなかったのです。
  その日私は義母に用があり、義母を捜すうちに妻も近寄らない開かずの間を開けてしまったのです。雨戸の閉まった薄暗い部屋には、裸電球が灯され中央には大きな三角木馬が置かれ、奥を見渡すと古木で作られた十字の磔台が、その横には鉄格子の牢が設けられ、中には全裸で緊縛された女が放り込まれていました。
  その一糸纏わぬ全裸の姿は、女の秘肉こそ見えない状態でしたが、大きく垂れた乳房は縄で縛られ熟女を強調していました。義母のあられもない姿です。よく義父は義母を弄び、そのまま部屋を閉めて山に入ってしまうのです。きっと帰ってきてからまた義母をいたぶるのでしょう。




縄で片足を大きく開かされ、オマンコは丸見え

  数日後、私は義父が出掛けた隙に妻の目を盗み、義父の寝室に忍び込みました。薄暗い部屋の中で義母は全裸で後ろ手に縛られ、目隠しをされ、天井の梁から吊られていました。排尿を我慢し切れなかったのでしょうか、尿は垂れ流されていました。梁からさがった縄で片足を大きく開かされ、オマンコは丸見えでした。犯って下さいと言わんばかりに、熟れたオマンコが曝け出されているのです。
  その日を境に私の理性は吹っ飛び、義母を犯し続けています。数ヶ月が経ち義父も気づいたのでしょうか、普通なら殴られたり嗜(たしな)めたりたいへんなことになるはずなのですが、義父の奇行はエスカレートし、酒が入ると平気で私の前でも義母を罵り、その場で服を剥ぎ取り陵辱するようになりました。義母のおろおろする怯えた姿が、責める人間にはたまらない快楽なのでしょう。




引き籠りの義姉は、肉汁を垂れ流してイキ果てる

  妻恵美子には5歳年上の姉で洋子がいます。40になるのですが嫁にも行かず、小学校を卒業してから引き籠りだそうです。魂の抜けた人形のような女で、部屋の外に出ることはありません。こちらから何か話しかけると「ハイ」と頷く程度で、反応があまりない女です。
  キスしても抱きしめて、下着の中に手を入れオマンコをいじりまわしても、拒否することなく黙って従う従順ないい女です。私はそれをいいことに、洋子を性処理奴隷として使っています。洋子は仕事もせず家事もせず、いつも部屋にいるので犯したい時何時でもセックスできる都合のいいダッチワイフなのです。
  色白で細い腕に細い脚。痩せこけた胸を弄っても、女肉の楽しみはありませんが「服を脱げ、股を開け」と命令すると素直に従い、勃起した肉棒をオマンコに突っ込んでやると、普段無表情で反応しない女が、苦痛なのか感じてるのかうめき声をあげながらバタバタと暴れ、更に強引に押さえつけ膣奥の子宮にチンコをぶちあててやると、こんな人形のような女でも、肉汁を垂れ流してイキ果てるのです。
  洋子のオマンコは義父も使っています。義母のように私の目の前で陵辱こそしませんが、家から出ない女が妊娠し子供を堕したのです。




義父は義母を私に与えて、妻を性処理に使っている

  妻も私と結婚した時には処女ではありませんでした。もの心のつくころには母親と父親のセックスを目の当たりにし、母親からは、女は男に尽くすことを、何よりの喜びと教え込まれて育ったと聞いています。男根の咥え方に男の喜ばせ方、義母から教わったそうです。
  私と一緒になる前、妻は義父の玩具のひとつだったのでしょう。私も義母や義理の姉を奴隷にしてる以上、妻を義父の欲望から救うことは出来ません。義父は義母幸代を与えて私に提供し、未だ恵美子を性処理に使っているのです。私には娘がひとりいます。6歳になる愛らしい女の子です。私たち夫婦のセックスも見させています。
  妻を横に娘に肉棒を舐めさせ、上手くできた褒美に、娘の小さなオマンコを舐めてあげています。女にする日もそう遠くはないでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック