オチンチンってなんて可愛いんだろう(秘密の体験告白掲示板)

秘密の体験告白掲示板



妻は、オナニーもしたことのない処女でした
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b24/index.cgi?mode=thr&no=15264#res

1. 奥手の嫁  投稿者:エロ 投稿日:2015/04/30(Thu) 14:34 No.15264
  あまりエロい話ではないのですが、僕達夫婦にとっては刺激的な経験をしたので、とりとめもなく書いてみます。僕は、27歳でデザイン関係の仕事をしてて、スマホがらみの商品が結構ヒットしてる、そこそこ勢いのある会社で頑張ってます。嫁は22歳で、パン屋さんでパートをしてます。
  パン屋で働く彼女に、僕が一目惚れをして、半ばストーカー化しながら、かなり頑張った結果、何とか付き合うことが出来ました。付き合いだした時、嫁はまだ20歳の大学生で、驚くほどすれていない女の子でした。 小柄でおっとりとした感じの嫁(いつもユキと呼んでいるので今後そう書きます)は、僕の好みそのものの顔をしていて、今でも見飽きることはないです。
  付き合いだした頃のユキは、20歳の女子大生にしては珍しく真っ黒な髪の毛で、とてもおとなしい感じでした。実際、僕が猛アタックを始めると、本当に困ったようにキョドってました。男慣れしていないとか以前に、人見知りが凄いという印象でした。

  それなのに、僕のしつこい誘いに結局乗ってくれて、お茶をするようになり、何回かデートして、やっと付き合うようになった感じです。付き合いだしてから、なんで誘いに乗ってくれたか聞いたら、僕の顔が凄く好みだったそうです。と言っても、僕はイケメンと言われるタイプではなく、真面目そうとか、人なつっこそうとか、ウソつけなさそうといわれる感じです。
  ユキの前には3人ほど付き合ったことがある僕と違って、ユキは僕が初めてのデートの相手でした。付き合いだした当初は、僕のことを「高橋さん」と、さん付けで呼ぶし、一緒に歩いても照れてしまって手も握らしてくれませんでした。
  3回目か4回目のデートの時に、人混みが凄かったので、チャンスだと思って手を握って引っ張るように歩きました。手を握るだけで、もの凄く緊張したのを覚えてます。そして、人混みが少なくなってきて、ユキを見ると、耳まで真っ赤になっていて、可愛くて死にそうでした。

  デートを重ねて、「高橋さん」から「浩行さん」に変わり、「浩さん」になった頃には普通に手を繋いで歩けるようになっていて、「浩くん」になった時に初めてキスをしました。ベタな観覧車の中でのキスでしたが、ユキがガチガチに緊張してロボットみたいになっていて、僕まで緊張してしまったのをよく覚えてます。
  けっこう長い時間唇を重ねていて、離れるとユキが顔を真っ赤にして、荒い深呼吸をしながら、「ハァハァ、、い、息するの忘れてた、、、、  気絶するかと思った、、」 と言って、空気をむさぼるように吸いました。それを見て、可愛すぎて萌え死にしそうになり、もう、この子と絶対に結婚する!!と、心に決めました。
  そんな感じのユキだったので、結婚するまでセックスはしませんでした。性欲よりも、大切にしたい気持ちが上回りました。とうとう結婚しました。

  新婚初夜を迎え、結ばれました。別々にシャワーを浴びて、タオルだけ巻いた状態でベッドに入り、キスをしました。この初夜から半年以上経つけど、いまだにユキは、一緒に風呂に入るのも恥ずかしがるし、裸どころか下着姿もほとんど僕に見せないようにしてます。恥ずかしくてダメだそうです。
  緊張しながらタオルを外すと、意外と大きく形の良い胸がポロンと出てきました。僕は女性とセックスもしたことあったし、胸も何度も見てきたけど、初めてユキの胸を見てとにかく興奮しました。夢中で乳首に吸い付いて舐め始めると、「あぁっ! 恥ずかしいよぉ、、 見ちゃダメ、、 あ、、 変な、、、感じ、、、 電気、消して、、」
顔を真っ赤にして言うユキ。言われるままに真っ暗にしました。
  そして、真っ暗なままでユキの胸を舐め続けます。「ア、、あっ! あ、あぁ、、 浩くん、、 気持ち良い、、 あ、、あ、ふぅ、、」 「ああっ! ア、んんっ! 浩くん、、気持ち良いよぉっ、、 あっ!あっ!」 ユキのアソコに手を持っていくと、ヘアに触れました。すぐにユキの手が飛んできて、僕の腕をガシッとつかみ、「ダメぇ、恥ずかしいよぉ、、」「夫婦でしょ? 恥ずかしくないから、、」

  ユキのアソコは、結構濡れた感じになっていて、クリトリスを探り当てて触ると「ん、はぁぁっ、、 浩くん、、ビリビリする、、 そこ、、ダメ、、、怖い、、」 こんなリアクションでした。(まさか、オナニーもしたこと無いのかな?)と思って聞いてみると、「無いに決まってるじゃん! 普通は無いよ! しないよ!」
  こんなことを言いました。そんなユキがたまらなく愛おしかったです。全てを僕と初体験していく、、、 男冥利に尽きると思いました。もう、僕も限界になったので、コンドームをつけてユキに覆いかぶさります。グッと腰を入れると、案外あっさりと入っていきます。特に抵抗感なく入っていきましたが、確かにキツい感じがしました。
  痛がるユキ。だけど、我慢している感じでした。そのまま全部挿入しました。処女膜を押し破る感触とかがあるのかと思っていたけど、それは無かったです。もしかして、処女じゃ無かった?と、一瞬思いましたが、薄闇の中かすかに見えるユキの顔は、痛みと闘いながら涙を流していました。

  「ユキ、愛してる。絶対に幸せにする!」「浩くん、愛してる、、 ずっと一緒にいてね、、、 絶対に1人にしないで、、、」 ユキはそう言うと、僕に抱きついてキスをしてきました。処女を貰った、、、  その感激と、ユキの真っ直ぐな気持ちにやられて、もうイキそうでした。
  「ユキ、、イクよ、、愛してる!」「浩くん、、あぁ、、」 そして、ユキの中に射精しました。「大丈夫? 痛い?」 そう言って抜こうとすると、「待って、このまま、、、 もっとこのままでいて、、」  こんな可愛いことを言ってくれました。
  そして、そのまましばらく繋がったまま抱き合って、新婚初夜が終わりました。次の日ベッドを見ると、けっこう血がついていて、処女をもらった実感が湧いてきました。



オチンチンってなんて可愛いんだろう
http://www.erotown.com/toupara/bbs/b24/index.cgi?mode=thr&no=15282

1. 私って  投稿者:保育士 投稿日:2015/05/03(Sun) 21:50 No.15282
  私っておかしいのでしょうか? 今は24歳で保育士をしています。私が4歳の時に父は他界してしまいました。実家に戻り母は必死に働いて私を育ててくれました。母が仕事のため一人っ子の私は、幼稚園から保育所へ。寂しかったのもあり、いつの日か兄弟に憧れていました。とくに男の兄弟が欲しかったです。
  年長さんの頃でしょうか、男の子に私には無いものが付いていることを知りました。そう! オチンチンです。近くに男の人が居なかった所為でとても興味深かったです。普通ならお父さんや男兄弟なんかが居て、見ることがあったでしょうけど、そんな存在がなかった私は興味津々でした。
  小学生になってからも、オチンチンを目にすることがあるとウキウキ、ワクワクしていました。小学2年生の時。仲の良かった同級生の男の子と遊んでる時に、お互いのを見せ合いしたのを覚えています。 たぶんその時に初めてオチンチンというものを、間近に見て触ったのだと思います。

  触ってると大きく硬くなってきて、その男の子は「痛い痛い」と言っていました。とても不思議でした。しかも(オチンチンの下にぶら下がってる袋は何だろう?)とも思いました。私も見せましたが、ただ割れ目を見せただけだったと思います。
  それからというもの、その男の子に「見せて」と言って触って勃起させて楽しんでいました。その代わりにその男の子の要望通り、私はパンツを脱いでお尻を見せて撫でられていました。その男の子はお尻に興味があったみたいで、お尻ばかり見られて触られていました
  小学3年生になって、その男の子とは違うクラスになり、あまり遊ばなくなって、オチンチンを見る機会がなくなりました。

  小学5、6年の時だったと思いますが、また急にオチンチンに興味を持ちました。そして下級生(1年か2年)の男の子に学校帰り、物陰に誘って「見せて」と言って見せてもらって、「触ってみていい?」と言って勃起させたりしてました。お礼に飴やガムをあげたりしていました。そのうち私はオチンチンが、とても可愛いものだと思っていました。
  中学生になって仲の良かった数名(男女)の友達と一緒に、面白半分である男子の家に集まって、AV(裏)を鑑賞したことがありました。AV女優がオチンチンを手で扱いたり、舐めて口に含んだりしてました。初めて見る大人のオチンチンやその行為を女子はみんな「キャーキャー」言って見ていました。
  私だけは「あれ?」という不思議な気持ちでした。形が小学生に時に見たのと全然違ったからです。男子の1人が調子に乗って、自分のオチンチンを出して女子に見せ付けました。すでに勃起していました。その時、「あ、昔見たのと同じだ!」と思いました。

  すると他の男子が「まだお前剥けてないのかよ!」と言うと、オチンチンを出していた男子が「剥けるし!」と言って皮を剥きました その時に私はオチンチンは皮が剥けるということを知りました。剥いて見せた男子は「剥くとゾワゾワしてくすぐったんだよな」と言い皮を戻しました。
  他の女子は「キャー!いやだ~キモイ!」などと言って騒いでいましたが私は冷静でした。そして、「ちょっと、また剥いてみてよ」と言ってしまっていました。するとその男子は皮を、剥いたり戻したりを繰り返して、見せてくれました。その時の私はどう思ったかというと、(やっぱり可愛い! 皮が剥けて中のが出てくるなんて! しかも亀の頭みたいだし!)と思っていました。でも(なんであんなに可愛いオチンチンを、他の女子はキモイとか思うんだろう?)と思いました。
  AVでは知らないうちにオマンコに挿入されていて、入れたり出したりしてるところが映っていました。(あんなのが入っちゃうんだ!)と思いました

  その日からというもの、AVやオチンチンを見せた男子のことを思い出しては、(オチンチンってなんて可愛いんだろう)と思うようになっていました。(女性が舐めたり咥えたりしたくなるのも頷ける)と私は思っていました。
そのうち8×4(注…エイト・フォーは、汗・ニオイを抑える制汗剤)などのスプレー缶をオチンチンにみたてて舐めたり咥えたりしながらオマンコを触るようになりました。なんとなく気持ちよかったからです。オナニーというものを覚えた頃でした。でもイクというのはまだでした。
  高校生2年になって彼氏が出来て、ファーストキスをしました。 彼の部屋で裸にされてオッパイやオマンコを見られ、触られ舐められ吸われました。オナニーなんかよりずっと気持ちよかったです。オマンコを舐められると、物凄く感じてイキそうな気持ちになったけど、なんか怖くてイクのを拒んでいました。

  私も彼のオチンチンをズボンの上から触りました。そして脱がし、久々にオチンチンを間近に見て触りました。そして、自然とオチンチンに頬ずりしてしまいました。その時、思い切り彼に退かれました・・・ 「お前って経験あんの? 頬ずりするなんて退くわ~」と言われてショックでした。
  「え! だって可愛いんだもん」と言い訳になっていない言葉を発しました。「なんかそういう女好きじゃないんだよな~ もっと初々しい感じの恥ずかしがる女だと思ってた」 そして喧嘩になり泣いて帰りました。その後は言うまでもありません、別れました。
  それからというもの、オチンチンが可愛いという想いを封印しました。高校時代のその後も、何人かに告白されましたが、男も封印しました。その彼の所為でトラウマになってしまっていたからです。

  その後、専門学校に通い卒業後に保育士になりました。保育士になってから、小さな男の子をトイレに連れて行き、オチンチンをつまんであげて、オシッコをさせるのですが、その時に「可愛い!」と思うのです。オチンチンからオシッコが出てくるところなんか、可愛くて仕方がありません。
  オシッコが終わると摘んでる指を扱いてあげます。こんなに小さな子なのにちゃんと勃起するのです。「どうしてこんなことするの?」と男の子達は言います。私は「残ってるオシッコを搾り出さないとね」と言ます。そうやって園児の男の子のオチンチンを触って、勃起させるのが楽しみになっていました。

  1年後、同僚達と町コン(注…地域振興を目的とした大規模な合コンベント)に行きました。その時に知り合った男性と付き合うようになり、そのうち肉体関係を持ちました。遅いロストバージンでした。高校の時の出来事を教訓にして、恥らう女性を演じました。オチンチンを触りたい、舐めたいという衝動を抑えて相手がしてくれと言うまで我慢しました。
  初めてフェラした時は感動しました。あまりに嬉しくて涙まで出てくるくらいでした。何年もフェラしたかったのが、叶ったのですから当たり前です。
  今では遠慮無しに彼のをフェラしてます。頬ずりもします。玉袋も舐めたり口に含んだりします。グニョグニョと玉が動くのが可愛いです。扱いてあげると先走りの汁が出てくるのも、可愛くて仕方ありません。「もっと気持ちよくして!」と泣いてせがんでるようです。

  そのお汁を吸ってあげるのも好きです。吸ってあげるとビクビクと動くのも好きです。そしてどんどん汁が出てくるのが可愛いのです。
  彼が射精する時も、もちろん顔に掛けてもらったり、お口に出してもらったりします。ピュッピュと精液が飛ぶところがたまらないです。 たまにドロドロと垂れ流すように出てくるのも好きです。今では全部舐めて飲んであげます。飲み過ぎるとお腹を壊しちゃうこともあるのですが、やめられません。
  今年になって彼とお風呂に入ってる時に、オシッコをしてるところを見せてもらいました。代わりに私もオシッコして見せてあげました。オチンチンの先から、オシッコが勢い良く飛び出すところが好きです。

  そのうち、彼が私の体にオシッコを掛けてくるようになりました。何度かそうされてる時に、「顔に掛けてみる?」と私から言ってみました。彼は「いいの?」と言ったので「いいよ!」と言い目を瞑りました。彼は体に掛けてたオシッコを顔に掛け始めました。温かいのか顔に掛りました。気持ち良かったです。難点はその光景が見られないことです。
  数日後に、「今度はお口に出してみる?」というと、彼はまた大喜び。私は口を開けて彼のオシッコを受け止めました。恐る恐る目を開けると、オチンチンの先から、私の口にオシッコが入ってきてる光景でした。
  オチンチンも嬉しそうに元気にオシッコを出してる感じでした。そして今では彼のオシッコも飲むようになってしまいました。私は可愛いオチンチンから出てくるオシッコ、先走り汁、精液は全然受け入れられます。

  園児のトイレに付き添う時も、このちっちゃな可愛いオチンチンを咥えたいとか、このまま咥えてオシッコ飲んであげようかしらと思ってしまいます。でもそんなことしてしまったら、大変なことになるのでしませんけど・・・
  最近では彼以外の色んなオチンチンも、触ったり舐めたり咥えたりしてみたいと思ってしまいます。(彼以外の先走り汁や精液、オシッコは、どんな味がするんだろう?)と思ってしまいます。でも、そんなことしちゃったら彼が、彼のオチンチンが可愛そうなのでできません。だから毎日我慢して、彼のオチンチンを握って寝てます。
  ただ、何も考えず自分だけの希望を言わせてもらえるなら、大勢のオチンチン、先走り汁、精液、オシッコを体験してみたい!

  何度か女友達と、エッチな話しになる時があるのですが、どの女の人もオチンチンはグロいとか、彼以外のオチンチンは汚い!などと言います。でも私は彼以外のオチンチンも可愛いと思ってしまいます。
  彼とAVなども良く見るのですが、どのオチンチンも形や色や大きさが違って可愛いと思います。こんな私はやっぱりおかしのでしょうか?


  おちんちんへの興味が高じて風俗嬢に 27歳
3  風俗嬢 - 2015/05/04(Mon) 06:04 No.15284
保育士さん
  ぜんぜんおかしくないと思いますよ。っていうか,あたしも同じ。あたしの場合,おちんちんへの興味が高じて風俗嬢になってしまいました。27歳になる今では,もう何百本ものおちんちんを触って,舐めて,お口に含んで,先走り液や精子を味わっています。もちろんおまんこでも。
  おちんちんは,本当に十人十色でぜんぜん飽きません。おちんちんへの興味は女なら当たり前のこと。おかしいなんて思わないで下さいね。
  あっ,ただ園児には手を出さない方がいいと思いますよ。オシッコのお手伝いをするだけならいいけど,お口でしてあげたりしたら大変なことになりますからね。でも,中学生くらいの男の子のおちんちんなら,いいかな~ あたしもしてみたいな~ なんてね。



393
画像


394
画像

この記事へのコメント